NIMS物質・材料データベース (MatNavi) - 高分子データベース (PoLyInfo) - PoLyInfo Help
- ポリマーに関して
ポリマーに関して [English]
[CU・サンプル]
ポリマーID
サンプルID
ポリマー名称
ポリマーの代表名
ポリマー分類
CU化学式・式量
コポリマー小分類
形状・構造上の特徴
特性上の特徴
添加剤など
[一次構造・高次構造]
一次構造情報
平均分子量
重合度
溶液粘度
溶融流れ速度
溶媒/非溶媒
成形情報
結晶情報
[物 性]
物性
物性項目一覧

■ ポリマー (Polymer)
PoLyInfoでは、ポリマーの情報を次のような3つのレベルでとらえて整理している。
  • 1. 構成繰り返し単位 (CRU)/構成単位 (CU)
    分子としてのポリマーを、それを構成する化学構造の単位から見たレベル。規則性ポリマーに関しては、特に「構成繰り返し単位 (CRU)」という。
  • 2. ポリマー鎖/ポリマー分子
    構成単位 (CU)/構成繰り返し単位 (CRU)が多数連結した、ポリマー1分子を見たレベル。
  • 3. 高分子材料
    ポリマー鎖/ポリマー分子の集合体としての物質あるいは材料のレベル。
  • PoLyInfoのホームページやHelpでは、「ポリマー」という語はこれらを総体的に言うときに用い、それぞれを区別する時には1.-3.の該当する用語を用いる。また、1.と対比させる意味で、2.と3.を合わせ て、「ポリマーサンプル」と呼ぶ。

■ 構成繰り返し単位 (CRU, Constitutional repeating unit)/構成単位 (CU, Constitutional unit)
  • constitutional repeating unit (CRU)(in polymers)
    The smallest constitutional unit the repetition of which constitutes a regular macromolecule, a regular oligomer molecule, a regular block or a regular chain. 1996, 68, 2291

  • constitutional unit
    An atom or group of atoms (with pendant atoms or groups, if any)comprising a part of the essential structure of a macromolecule, an oligomer molecule , a block or a chain.  
  • PoLyInfoでは、ポリマー鎖を記述できる化学構造の単位をIUPACにしたがって「構成繰り返し単位 (CRU)/構成単位 (CU)」と呼んでいる。
    「構成繰り返し単位 (CRU)」は、線状規則性ポリマーの場合に限って用いる語で、その繰り返しにより、末端基接合部を除いたポリマー鎖を記述できる化学構造のうち最小の単位を言う。「構成単位」は、ポリマーの種類を問わず用いる語で、その繰り返しや組み合わせにより、ポリマー鎖/ポリマー分子を記述できる一定の化学構造の単位を言う。
    PoLyInfoでは、構成繰り返し単位/構成単位を、高分子辞書での識別・同定の対象としている。これらをまとめて「構成単位」あるいは「CU」という語で表現する場合がある。

■ 高分子辞書 (Polymer dictionary)


◆ 高分子辞書 (Polymer dictionary)
高分子辞書はPoLyInfo専用に開発されたポリマー専用の化合物レジストリシステムである。
化学構造の識別・同定は、繰返し構成単位 (CRU)の化学構造に基づいて行われている。
PoLyInfoに収録されているポリマーは高分子辞書の機能により、構成単位の化学構造に基づいて識別・同定され、独自のID番号 (ポリマーID)を付与されている。
高分子辞書には、構成単位の化学構造から決定できる次の項目が収録されている。 高分子を識別するために用いられる次の項目は、データを採択したサンプルごとに収録されている。

化合物レジストリシステム (Compound registry system)
化合物を識別・同定するコンピュータ・システムを言う。
コンピュータ可読の書式で表現された化学構造データを中心に、各種の名称、分子式などのデータを対応付け、収録している。
収録されるデータは、化学構造に基づいて識別・同定され、一元的に管理されているので、同一化合物の二重登録を防ぐことができる。
また、化合物レジストリシステムにより、ユーザは名称、化学構造のいずれからでも指定した化合物を網羅的に検索できる。
化合物レジストリシステムの代表的なものとして、 Chemical Abstracts Service (CAS)によるレジストリシステム、JSTによる日本語化合物辞書システムなどがある。

化合物レジストリシステム関連の参考文献
  • 化学構造による識別・同定機能
    P. G. Dittmar et al. J. Chem. Inf. Comput. Sci. 16 (2). 111-121 (1975)
  • 化学構造検索
    P. G. Dittmar et al. J. Chem. Inf. Comput. Sci. 23 (3). 93-102 (1983)
  • IUPAC体系名の自動発生
    J. L. Wisniewski. J. Chem. Inf. Comput. Sci. 30 (3). 325-332 (1990) 

化学構造情報 (Chemical structure information)
高分子辞書に収録されている構成単位 (CU)の化学構造情報は、高分子辞書書式と呼ぶPoLyInfoで独自に定義した書式で記述されている。
この書式は、構成単位の化学構造を構成する原子団 (これを「基本要素」、と呼ぶ)を単位とし、これを組み合わせ、線型に表記したものである。
書式の記述規則の概略と例を下図に示す。
高分子辞書に登録されている化学構造は、同一の化学構造を表す書式が必ず同一の表記に変換 (一意化処理)されている。
この書式は化学構造情報をコンピュータ内で表現するためのものであり、ユーザが化学構造を利用する時は、高分子用のモデリングシステムや基本要素のテンプレートを利用する。

書式の記述規則の概略と例

基本要素番号/結合方向/
 {左側結合情報}
 {右側結合情報}
 {分岐結合情報} (分岐の線型書式)
を基本要素ごとに列記する。

例)ポリスチレン

 polystyrene

 130/n/{1,-,0}{2,-,0}{3,-,0} (708/n/{1,-,0})129/n/{1,-,0}{2,-,0}

(注) この登録システムの書式は実際には、規則性単条ポリマーにしか適用できない。
不規則性ポリマーの一部 (コポリマー)については、CRUの線形結合で表現している。
便宜上、高分子辞書書式を原料基礎のように用いて、ブロックやグラフトコポリマーに見られるような分岐を表示している。


[CU・サンプル]


ポリマーID (Polymer ID)
高分子辞書の機能により構成単位 (CU)の化学構造に基づいて高分子を同定した後に付与する一意的な管理番号。
ポリマーIDはポリマーを表す略号 P+数値6桁 (例 P150045)の形式で作成、付与されている。


サンプルID (Sample ID)
ポリマーサンプルごとに与えられているデータ識別番号。文献中に記載されデータ採択されたポリマーに対して順に付与された番号で表示される。


ポリマー名称 (Polymer name)
PoLyInfoでは、構成単位 (CU)レベルと高分子材料 (サンプル)レベルでデータを整理しているため、名称についても、CU名称と材料名に分け、次のような種類のポリマー名称を収録してい る。これらの名称はIUPAC命名法に準拠して命名もしくは採択されている。

1. Polymer name (ポリマー名)
Structure-based Name (構造基礎名)
ポリマーの構成 (繰り返し)単位 (CRU/CU)の化学構造を基にした体系的名称。
構造基礎名はCRU/CUを構成する副単位をIUPACに準拠した命名規則により命名し、その名称を並べた形となっている。
 例) PET:    -O-(CH2)2-O-CO-{pC6}-CO-    poly (oxyethyleneoxyterephthaloyl), 
   PMMA: -CH(CH3)(COOCH3)-CH2-     poly (1-methoxycarbonyl-1-methylethylene)
Source-based Name (原料基礎名)
重合に使用する原料 (モノマー)を基にした名称。接頭辞 polyの後に、単独語はそのまま、複合語はモノマー名称を丸括弧でくくって記述している。モノマー名称はIUPACの有機化合物命名法93に準拠した名称を使用している。
        例) poly (ethylene terephthalate), poly (methyl methacrylate)
Trivial Name (慣用名)
構造基礎名、原料基礎名以外で一般に用いられている名称で、特定の化学構造と明確に対応している名称を、慣用名として収録している。
        例) nylon 6,6, polyacetaldehyde
Abbreviation (略称)
構造基礎名、原料基礎名、CRU/CU慣用名に対する簡略表現。
例えば「Poly styrene」を、「PS」のように名称の頭文字を連ねて呼称されるのが、略称である。
        例) PET, PMMA
Generic Name (総称)
共通の構成 (繰り返し)単位を持つ高分子をまとめて言い表した名称。PoLyInfoで指定するポリマー分類を更に細分化されたものとなっている。
        例) teflon, polyarylate

2. Material name (材料名)
Trade Name (商品名)
材料として販売されている高分子材料の名称。文献などに商品名が示されているとき、対応するポリマーの範囲が明確なものはこれを採用している。
NameTM等 (登録)商標であることを示す記号は、名称に含めていない。
 例) Sumikathene, Akulon
Generic Name (総称)
高分子材料の構造・物性などの特徴を捉えた名称で、複数種の高分子材料に対応する名称。
 例) liquid crystalline polymer
Trivial Name (慣用名)
高分子材料、ポリマー集合体、ポリマー鎖の構造・物性などの特徴をとらえた名称、及びその簡略表現。特定の構成 (繰り返し)単位と、明確に対応するものを採用している。
 例) high density polyethylene, it-PS


ポリマーの代表名
ポリマー名称には構造基礎名、原料基礎名、慣用名など様々な種類があるが、その中で最も良く使われていると考えられる名称を「ポリマー代表名」としている。どの名称がポリマー代表名であるかは、ポリマーごとに異なり、高分子辞書に登録されている名称 (構成単位 (CU)に対して与えられている名称)の中から、次の順序で選択している。
  • 1. 原料基礎名 ナイロン系のポリマーの場合に限って原料基礎名がある場合にも慣用名を優先的にポリマー代表名とする。
  • 2. 慣用名
  • 3. 構造基礎名

ポリマー分類 (Polymer class)
ポリマーの構成単位 (CU)の化学構造をもとに、下記のように22種類に分類している。なお、定義中の「脂肪族炭化水素」、「芳香環」は下記に示す内容を表している。  
  • 脂肪族炭化水素: 鎖状炭化水素および芳香族を除く環状炭化水素 (不飽和結合を含んでも良い)
  • 芳香環 : 炭化水素系多核芳香族環 (例 ナフタレン)、芳香族系複素環 (例 ピリジン)およびこれらの置換体
ポリマー分類
01. Polyacrylics (ポリアクリル)
定義:主鎖は飽和脂肪族炭化水素基からなり、下記に示す基のうち少なくとも一つが主鎖炭素に直結しているポリマー。
(*は主鎖炭素を表し、# 部には特に制限はない。)

example

[備 考]
  • 構成単位 (CU)中の主鎖の炭素原子数は制限していない。 (主鎖の炭素原子は2に限定しない)
  • Polyacrylicsを特徴づける基は二つ以上あっても良い。
  • Polyacrylicsに分類されるポリマーは同時にPolyvinylsにも分類される。
  • Polystyrenesとは構造によって同時に分類されている場合がある。
02. Polyamides/thioamides (ポリアミド)
定義:主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (X はO またはS のいずれかを表す)
example

[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-O- 中の >N-CO- など
  • Polyureas/thioureas >N-CO-N< 中の >N-CO- など
  • Polyimides/thioimides -CO-N-CO- 中の >N-CO- など
03. Polyanhydrides/thioanhydrides (ポリ酸無水物)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (Xi はO またはS のいずれかを表す)
example

04. Polycarbonates/thiocarbonates (ポリカーボナート)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (Xi はO またはS のいずれかを表す)
example

05. Polydienes (ポリジエン)
定義: 脂肪族炭化水素基およびハロゲンからなり、主鎖上または側鎖上に 二重結合C=Cまたは 三重結合C≡Cを一つ以上有するポリマー。
(不飽和脂肪族炭化水素基を一つ以上含むもの。)

[備 考]
  • 主鎖中に飽和、不飽和脂肪族環状炭化水素基を含むものもここに含まれる。
  • 芳香環がないものだけを対象としている。
  • 三重結合 C≡Cを含むものも対象としている。
06. Polyesters/thioesters (ポリエステル)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (Xi はO またはS のいずれかを表す)
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-O-中の -CO-O- など
  • Polyanhydrides/thioanhydrides -CO-O-CO-中の -CO-O- など
  • Polycarbonates/thiocarbonates -O-CO-O-中の -CO-O- など
07. Polyhalo-olefins (ポリハロオレフィン)
定義: 飽和脂肪族炭化水素基のみから構成されているポリマー (Polyolefins)が有する水素のうち、少なくとも一つがハロゲンに置換されているポリマー。

[備 考]
  • ハロゲン原子が主鎖炭素に直結していない場合もここに含まれている。 (下記参照)

    example
  • ハロゲンが主鎖炭素に直結している場合は Polyhalo-olefins だけでなく、Polyvinyls にも分類されている場合がある。
08. Polyimides/thioimides (ポリイミド)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (Xi はO またはS のいずれかを表す)
example

[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example

09. Polyimines (ポリイミン)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー
example

[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyamides/thioamides CO-N< 中の -N< など
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-O- 中の -N< など
  • Polyureas/thioureas >N-CO-N< 中の -N< など
  • Polyimides/thioimides -CO-N-CO- 中の -N< など
  • Polysulfones/sulfoxides/sulfonates/sulfoamides -SO2-N< 中の -N< など
10. Polyketones/thioketones (ポリケトン)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (XはOまたはSのいずれかを表す)
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyesters/thioesters -CO-O- 中の -CO- など
  • Polyamides/thioamides -CO-N< 中の -CO- など
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-O- 中の -CO-など
  • Polyureas/thioureas >N-CO-N< 中の -CO-など
  • Polyimides/thioimides -CO-N-CO- 中の -CO-など
  • Polyanhydrides/thioanhydrides -CO-O-CO- 中の -CO- など
  • Polycarbonates/thiocarbonates -O-CO-O- 中の -CO- など
11. Polyolefins (ポリオレフィン)
定義: 飽和脂肪族炭化水素基のみから構成されているポリマー。

[備 考]
不飽和炭素結合を含むものはここに含めていない。

12. Polyoxides/ethers/acetals (ポリエーテル)
定義: -O-や-O-を含む環構造を主鎖中に含むポリマー。
example

[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyesters/thioesters -CO-O- 中の -O- など
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-O- 中の -O- など
  • Polyanhydrides/thioanhydrides -CO-O-CO- 中の -O- など
  • Polycarbonates/thiocarbonates -O-CO-O- 中の -O- など
  • Polysulfones/sulfoxides/sulfonates/sulfoamides -SO2-O -中の -O- など
[備 考]
主鎖中でSi に隣接する -O- を含む場合はsiloxane 基のSiO とみなし、Polyoxides を特徴付ける -O- とはみなさない。

13. Polyphenylenes (ポリフェニレン)
定義: 主鎖が炭化水素基のみで構成される要素からなり、かつ主鎖中にphenyl 基を含むポリマー。

14. Polyphosphazenes (ポリホスファゼン)
定義: 主鎖中に下記のようなホスファゼン -P=N- 構造を含むポリマー
example

15. Polysiloxanes/silanes (ポリシロキサン)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー
example

16. Polystyrenes (ポリスチレン)
定義: 主鎖は飽和脂肪族炭化水素基からなり、主鎖炭素中の少なくとも一つに芳香環が直結しているポリマー。

[備 考]
  • 構成単位 (CU)中の主鎖の炭素原子数は制限していない (主鎖の炭素原子は2に限定しない)ので下記のような構造のポリマーもここに含まれている。

    example
  • Polystyrenesに分類されるポリマーは同時にPolyvinylsに分類される。
17. Polysulfides (ポリスルフィド)
定義: -S-や-S-を含む環構造を主鎖中に含むポリマー。
example

[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example
ただし、これらの部分構造が下記のポリマー系を特徴付ける原子団の中に含まれる場合を除く。
  • Polyester/thioester -CO-S- 中の -S- など
  • Polyurethanes/thiourethanes >N-CO-S- 中の -S- など
  • Polyanhydrides/thioanhydrides -CO-S-CO- 中の -S- など
  • Polycarbonates/thiocarbonates -O-CO-S- 中の -S- など
[備 考]
  • 主鎖中のSi の両端にあるS は Polysulfides のS とみなす。
  • 以下に示す部分構造が含まれる場合は Polysulfides および Polyimides に分類される。
    example
18. Polysulfones/sulfoxides/sulfonates/sulfoamides (ポリスルホン)
定義: 主鎖中に下記のような酸化硫黄構造を含むポリマー。
example

[備 考]
上記の構造が環構造の一部の場合もここに含めている。

19. Polyurethanes/thiourethanes (ポリウレタン)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (Xi はO またはS のいずれかを表す)
example

20. Polyureas/thioureas (ポリ尿素)
定義: 主鎖中に下記のような部分構造を含むポリマー。 (X はO またはS のいずれかを表す)
example
[例] 上記のような部分構造の例として下記のものがある。
example

21. Polyvinyls (ポリビニル)
定義: 主鎖は脂肪族炭化水素基のみからなり、側鎖に以下のいずれかが含まれているポリマー。
  • 芳香環
  • ヘテロ原子 (C, H 以外の原子)およびヘテロ原子を含んだ基。
    ただし、ヘテロ原子としてハロゲンを含む場合は以下の形のものに限定され、他の結合形態をとるものはPolyhalo-olefins だけに分類される。

    example   X = F, Cl, Br, I
[備 考]
  • 構成単位 (CU)中の主鎖の炭素原子数は制限していない。 (主鎖の炭素原子は2に限定しない)
  • Polystyrenes および Polyacrylics に分類されるポリマーは同時に Polyvinyls にも分類される。
  • Polyvinyls は、 Polyolefins、Polydienes とは同時に分類されない。
  • 主鎖中に 二重結合 C=C、 三重結合C≡Cが含まれる場合もここに分類されている。
22. Other polymers (その他ポリマー)
定義: 分類01-21に属さない全てのポリマー。



CU化学式・式量 (CU chemical formula & formula weight)  
高分子の構成単位 (CU)の化学式。炭素、水素を先に記述して他の元素はアルファベット順となっている。
また、CU化学式に示されている各原子の原子量の総和を式量と呼ぶ。

例)構成単位 (CU)化学構造
CU Formula

化学式: C16H8Cl2F4O3
式量: 395.14


[一次構造・高次構造]


一次構造情報 (First order structure)
PoLyInfoは一次構造情報として次の項目のデータを採択している。
PoLyInfoにおける一次構造情報は、高分子辞書で対象とする構成 (繰り返し)単位よりも大きな範囲でポリマー鎖を見た場合の情報、すなわち、
  • 複数の構成単位 (CU)同士の配置や連鎖に関する情報。
  • 構成単位 (CU)以外の末端基や接合部の化学構造に関する情報
を取り扱う。
いずれの項目についても、データを採択したサンプルごとに、データ源としている文献中に記載があった場合に収録している。

立体規則性情報
タクチシチー、幾何異性に関する、定性的及び定量的構造情報が収録されている。
isotactic, syndiotactic, atacticは、it, st, at と略記されている。

ジエンポリマーの cis-1,4-、trans-1,4-、1,2- 等も立体規則性情報に収録されている。
定量的情報は、内容 (項目)、測定値、測定法の順に記述されている。

 例1) it pentad 0.985 by 13C-NMR
 例2) 1,4-cis 44%, 1,4-trans 42%, 1,2- 14% by IR

R/S,D/Lの立体配置についても、構成単位の連鎖に関しての情報である場合は、ここに収録されている。
それ以外 (1つの構成単位内の立体配置など)は、「その他一次構造情報」に収録されている。
末端基・接合部
末端基や接合部の情報として、種類と名称が収録されている。
種類: 次のいずれかが指定されている。
  • End group
  • Branching part
  • Junction part
  • Central part of star polymer
名称: 末端基や接合部の文献記載名称が収録されている。
その他の一次構造情報
上記以外の一次構造情報が収録されている。
また、構成単位 (CU)内部の光学異性体に関する情報などもここに収録される。
これは、光学異性体が高分子辞書の対象外とされているためである。


平均分子量 (Average molecular weight)
PoLyInfoでは平均分子量として以下の5種類を採用している。
  1. Number-average molecular weight (Mn): 数平均分子量
  2. Weight-average molecular weight (Mw): 重量平均分子量
  3. z-average molecular weight (Mz): 平均分子量
  4. Viscosity-average molecular weight (Mv): 粘度平均分子量
  5. GPC (SEC)peak molecular weight (Mp):
測定法は、次のいずれかが指定されている。
  • Gel permeation chromatography (GPC): ゲル浸透クロマトグラフィー
    (Size-exclusion chromatography (SEC): サイズ排除クロマトグラフィーも含む)
  • Osmometry: 浸透圧法 (Membrane osmometry: 膜浸透圧法)
  • Vapor pressure osmometry (VPO): 蒸気圧浸透法
  • Cryoscopy: 凝固点降下法
  • Ebullioscopy: 沸点上昇法
  • Light scattering method (LS): 光散乱法
  • Viscosity: 粘度
  • Others: その他

重合度 (Degree of polymerizaition (DP))
1つのポリマー鎖/ポリマー分子に含まれるモノマー単位の数。 測定法、測定規格、測定条件は 平均分子量と同じ。


溶液粘度 (Solution viscosity)
分子量の目安となる値として、次の項目のデータを採取している。Intrinsic viscosity [eta] (固有粘度)は物性項目の該当項を参照のこと。
  • eta inh
  • Reduced viscosity
  • Specific viscosity (Relative viscosity increment)

溶融流れ速度 (Melt flow rate (MFR))
特定の試験条件のもとで、一定の時間内に押し出される熱可塑性材料の量  
[同義語]
Melt flow index (MFI):メルトフローインデックス
Melt index (MI): メルトインデックス


溶媒/非溶媒 (Solvent / Non-solvent)
PoLyInfoではそれぞれ、次の意味で用いられている。

  Solvent (溶媒): 対象である高分子が可溶である溶媒。
  Non-solvent (非溶媒): 対象としている高分子が可溶でない溶媒。

すなわち、通常の溶解テストで判断される範囲を定性的に記述したものである。
Θ溶媒、分別などと共に論じら れているときは、 Good Solvent (良溶媒)/Poor Solvent (貧溶媒)に記入する。


成形情報 (Processing information)
PoLyInfoでは、データを採択したポリマーサンプルの情報として、成形方法や成形後の状態について次の情報を採択している。
いずれの項目についても、データを採択したポリマーサンプルごとに、データ源としている文献中に記載があった場合に収録している。

  • [成形方法]
    次のいずれかが指定されている。
    • Solvent casting
    • Compression
    • Blow (bottole)
    • Extrusion
    • Spinning
    • Injection
    • Calender (Roll)
    • Spin casting (Spin coating)
    • Blown film (Inflation film)
    • 上記以外のデータ源に示される内容

    • 成形条件
    • 温度、圧力、時間、溶媒等について記述されている。

    [処理方法]
    次のいずれかが指定されている。
    • Annealing
    • Quenching
    • Stretching
    • Crystallization
    • As polymerized
    • As received
    • Thermal treatment
    • Conditioning
    • 上記以外のデータ源に示される内容

    • 処理条件
      温度、時間、環境等について記述されている。
      例) (quenching) from the melt into ice water, (stretching) x5, RT, N2, (annealing) 70C, 5h, in vacuo

    [試料形状]
    次のいずれかが指定されている。
    • Film
    • Sheet
    • Powder
    • Pellet
    • Fiber
    • Block
    • Single crystal
    • Solution
    • Disk
    • Cylinder
    • Plate
    • Bar
    • Bulk
    • 上記以外のデータ源に示される内容

    [備 考]
    成形や形状に関するその他の情報が記述されている。成形品のサイズに関する情報もここに記述されている。
    (フィルムやシートは厚さ、繊維は径などが示されている。)

    [成形後の状態]
    成形後の状態として次のいずれかが指定されている。
    1. Crystal
    2. Amorphous
    3. 上記以外の、データ源に示される内容
      Tmがある場合はCrystal、Semi-crystallineはCrystalに分類されている。 (結晶化度)

結晶情報 (Crystallographic information)
PoLyInfoでは、データを採択したポリマーサンプルの結晶に関する情報として、次の情報を採択している。いずれの項目についても、データを採択したポリマーサンプルごとに、データ源としている文献中に記載があった場合に収録している。
  • 結晶性 (結晶化度)
  • 配向度
  • 結晶型
  • 結晶構造情報


[物 性]


物 性 (Property)
PoLyInfoでは物性項目一覧に示す物性をデータ収集の対象としている。物性項目一覧の物性名をクリックすると、その物性について次の説明が示される。

[物性項目]
物性の定義や説明が示してあります。ここにあげる物性は "Polymer Sarch" の "Basic""Advanced" の検索画面で指定することができます。

[単 位]
  • [格納単位]
    PoLyInfoでは、ここに示される単位でデータを格納しています。 "Basic" では、ここに示されている単位で検索します。
    (注) データ源の物性値が[収録単位]に示す以外の単位である場合には、[格納単位]に示す単位に換算した値も収録されています。

    [他の単位]
    "Advanced" では、ここで示される単位による検索も可能です。
    ([格納単位]に示す単位に換算して検索します。)
  • [SI]
    SI単位系での単位を示します。
[測定法]
その物性の測定法で代表的なものが列挙してあります。本項目が示されていない物性項目でも、測定条件がデータ源に記述されていれば、それを収録しています。

[測定規格]
その物性の測定規格の主なものが列挙してあります。本項目が示されていない物性項目でも、測定規格がデータ源に記述されていれば、それを収録しています。

[測定条件]
その物性を測定するにあたって必須の測定条件が示してあります。代表的なものとして、温度依存性のある物性の場合の温度、熱的性質でのHeating rate、Cooling rate、動的測定での周波数などがあります。ここに示されていない測定条件でも、データ源に記述されていれば、それを収録しています。
"Advanced"では、ここで示される測定条件のうち、必須条件としてあるものの数値範囲を指定した検索が可能です。ただし、その条件が数値で表現されないもの (例として溶媒など)は指定できません。また物性項目に「*」が付いているものも条件指定をした検索ができません。

[注意事項]
物性項目ごとの注意事項が示してあります。

[関連用語]
その物性の類語、関連語について説明してあります。

[関連情報]
その物性の測定時に得られる付随的な項目を示してあります。
これらの情報が、測定データに付随してデータ源に記述されていれば、それらを極力収録しています。

(注)IUPAC、ISO・JIS、その他辞典類等の定義・記述を参考にした場合は、丸括弧内に参考とした順に示してある。  



物性項目一覧

「*」が付いているものは、次の場合になど該当します。いずれも選択した物性データを有する物性の検索で、数値指定はできません。
  • その物性単独では意味を持たないもの
  • 数値データで表現できない定性的物性
  • 単独のデータポイントでは意味を持たないもの (依存性データ)
◎が付いているものは前の語の同義語、この語からも検索できる。


物性項目一覧
物理的性質
Density
Specific volume

光学的性質
Refractive index
Stress-optical coefficient

熱的性質
Crystallization kinetics *
Crystallization temperature
Glass transition temperature
Heat of crystallization
Heat of fusion
Thermal decomposition temperature *
LC phase transition temperature
Linear expansion coefficient
Melting temperature
Specific heat capacity (Cp)
Specific heat capacity (Cv)
Thermal conductivity
Thermal diffusivity
Volume expansion coefficient

電気的性質
Dielectric breakdown voltage
Dielectric constant (DC)
Dielectric dispersion *
Electric conductivity
Surface resistivity
Volume resistivity

物理化学的性質
Cohesive energy density
Gas diffusion coefficient (D)
Gas permeability coefficient (P)
Gas solubility coefficient (S)
Hansen parameter (delta-d: dispersion component)
Hansen parameter (delta-h: hydrogen bonding)
Hansen parameter (delta-p: polar)
Interfacial tension
Solubility parameter
Surface tension
Water absorption
Water vapor transmission
希薄溶液物性
Diffusion coefficient
Good solvent *
Intrinsic viscosity [eta]
Non-solvent
Poor solvent *
Radius of gyration
Second virial coefficient
Sedimentation coefficient
Solvent *
Theta-solvent/Theta-temperature *

レオロジカル物性
● Dynamic viscosity *
Melt viscosity

引張特性
Dynamic tensile properties *
Elongation at break
Elongation at yield
Fiber tensile elongation at break
Fiber tensile modulus
Fiber tensile stress (strength)at break
Tensile modulus
Tensile stress (strength)at break
Tensile stress (strength)at yield

剪断特性
Dynamic shear properties *
● Shear modulus
● Shear stress (strength)at break
● Shear stress (strength)at yield

曲げ特性
Dynamic flexural properties *
Flexural modulus
Flexural stress (strength)at break
Flexural stress (strength)at yield

圧縮特性
Compressive modulus
Compressive stress (strength)at break
Compressive stress (strength)at yield
Dynamic compressive properties *
クリープ 特性
● Compressive creep rupture strength
● Compressive creep rupture time
● Compressive creep strain
● Flexural creep rupture strength
● Flexural creep rupture time
● Flexural creep strain
● Tensile creep compliance
● Tensile creep modulus
● Tensile creep recovery
● Tensile creep rupture strength
● Tensile creep rupture time
● Tensile creep strain

熱特性
Brittleness temperature
Deflection temperature under load
(HDT)

Softening temperature
Vicat softening temperature

耐衝撃性
Charpy impact
Izod impact

硬度
Rockwell hardness
Shore hardness

耐熱・燃焼特性
● Oxygen index
● UL Flammability code rating *
● UL temperature index *

その他の物性
● Bulk modulus *
◎ Compressibility
● G value *
● PVT relation *
● Radiation resistance *